調査研究試験検査常時監視・測定
ファルマバレープロジェクトの一翼を担う創薬探索、富士山の水資源の有効活用、病原微生物の迅速検査法、医薬品・食品の新たな検査技術、大気・水質環境の保全対策などの重要課題のほか、県民生活に密着した課題、将来問題化することが予想される課題について、調査研究を行っています。
保健衛生や消費生活関係の行政を支援するため、病原微生物、医薬品、食品などの各種試験検査や商品テストを行っています。
静岡県の生活環境を守るため、大気、水質、騒音などについての常時監視や測定を行っています。
危機管理研修指導情報発信
新たな感染症や食品による健康被害、有害物質による大気汚染事故や河川・湖沼における水質汚濁事故など、健康や環境に対する危機事案が発生した場合には、県民の生命を守るため、高度な技術をいかした分析・解析を迅速に行っています。
県民や市町・健康福祉センターの職員を対象に、科学的・技術的中核機関としての専門性をいかした環境、保健衛生、消費生活関係の研修や技術指導を行っています。
調査研究の成果、試験検査や常時監視・測定の結果などについて、学会、学術論文、業務研究発表会、インターネットのホームページなどを通じて、広く県民に情報提供しています。